Magazine philippe
LE TON COURBE 032018/08/18
ル・トン・クル べ&MEG MAYYA
「ル・トン・クルべ」はポール・N・ドロシュ(アメリカ)、ハせン・ジバリ(チュニジア)、伊藤アツ志(日本)がメンバーで、数年前に結成されてから東京で最も人気があるアラブ・オリエンタル音楽バンドとなっている。中東のリュートであるウード、バイオリン、アラブパーカッションからなるユニットで、ハシンの魂のこもったヴォーカルも秀逸。主な演奏スタイルは、数多くのアラブ音楽のレパートリーの他に、ダブケ、トルコ、ロマ、コンテンポラリーに加えオリジナルも演奏する。ポールはマサチューセッツ大学作曲科を卒業し、様々なミュージシャン及びダンサーと共演し日本のワールドミュージック界で8年以上活動してきた。ハシンはチュニジア国立コンセルバトワールを卒業し、アラブバイオリンとアラブヴォーカルのマスターである。日本においてアラブ音楽の知識を真に伝えることのできる貴重な存在であり、多くの生徒を教える。アツ志はアラブ諸国で主に使われる打楽器、ダルブッカ、レク等やフラメンコの伴奏楽器カホン等を、独自のスタイルで演奏する。主な活動は、トルコシプシー音楽、アラブオリエンタル音楽、ジプシールンバ音楽、ベリーダンス伴奏、フラメンコ伴奏等。
mike-zachernut-92018/08/25
MIKE ZACHERNUK-TRUMPET JAZZ
世界で活躍するトランペッター。カナダにて著名ジャズトランペッターのブラッド・ターナーに師事。メジャーデビュー後はCBCラジオで多数のレコーディングを行う他、エディ・ダニエルスをはじめとする有名音楽家と共演。2005年の来日以来、サイモン・コスグローブカルテットやTokyo Big Bandのメンバーとして活躍。また、丸山繁雄や大森明といったベテラン音楽家との共演も行う。
子供のときからトランペットを吹いていますが、楽しいばかりでなく思う通りメロディが出ず苦労したことも沢山ありました。ヤマハの正確性の高い楽器を使うと私の仕事が楽になります。演奏する側の期待を裏切らない楽器という点で信頼をおく事ができ、100パーセント音楽に集中することができますから!
imgres2018/09/01
EIKO SOLARIS BAND -エイコソラリス-
1月22日(Jazzの日)兵庫県 西宮市に生まれ3ヶ月で関東に移転。3歳にピアノのレッスンをはじめ、7歳にアメリカ人から英会話のレッスンを受け、9歳でハワイ(カイルア)に2週間単身ホームステイ、10歳に某音大講師から歌を学び今の礎を築く。
2018 09 08 SAMBA GISELLE2018/09/08
SAMBA with GISELLE
 
2018 09 15 PARIS TOKYO BANNER2018/09/15
ディナーショー  ディレクトパリ東京
ル・プティトノーのスペシャルイベント
フィリップバットンが厳選した最高のワインとそれぞれにペアリングされたお料理をこの機会に是非お楽しみ下さい。今宵のミュージックはディレクトパリ東京フィリップマルシャンとYUKARIが歌います。
フィリップ・マルシャンはパリの大衆的な音楽ファンがワイン片手に集う場所、ラパン・アジルをはじめ、アンドレ・ジッドやピカソ、ヴェルレーヌからヘミングウェイまで、輝かしい芸術家たちを思い出すピアノバー、クロズリー・デ・リラ、そしてミッシェル・ポルナレフがデビューを飾った生誕の地、モンマルトルの丘にあるテアトル広場前のキャバレーレストラン、ラ・クレマイエールでも歌い、大衆音楽を支えている大人気ミュージシャンです。
YUKARIは民謡が好きだった祖母の影響を受け歌手の道へ。1990年からピアノトリオのボーカルとして全国を周り成功をおさめる。パリ、リヨン、ニースへ歌の旅に出て音楽の交流をし、地元福島へ戻り、東日本大震災復興支援コンサートなども精力的に行っている。
お席に限りがございますので、ご予約はお早めにお願いいたします。
9月15日土曜日 19時から22時 プティトノー虎ノ門店にて
お1人様10,800円(お飲物、ショー、サービス料込)ご予約はこちらから
classe de francais2018/09/22
30th ANNIVERSARY of French School Classes de Francais
 
SPECIAL Party
DIMINO BRUNO022018/09/29
BRUNO DIMINO SSWING BAND
RAINBOW MUSIC OFFICE
Une formation regroupant quatre musiciens d’horizons différents.
Lors du dernier stage au "Petit Tonneau", les soirées finissent souvent avec une "Jam session", afin de permettre aux nombreux fans de Django et du Jazz Manouche de venir participer à la fête de cette magnifique musique.

votre bistro favori